Product introduction
キヒゲン(チウラム水和剤) 
農林水産登録第11784号
害獣用忌避剤
性    状
有効成分
その他成分
荷    姿
特    徴
使用上の注意事項
人畜の影響及び解毒方法
水産動物への注意
適用範囲及び使用方法
キヒゲン水和剤
性    状
類白色水和性粉末63μm以下
有効成分
ビス(ジメチルチオカルバモイル)ジスルフィド剤 80%
その他成分
タルク、分散剤等 20%
荷    姿
500g×20袋入
特    徴
野ウサギ、野ソによる農林作物への食害を忌避的効果によって防ぐ忌避保護農薬です。
本剤は獣類に忌避力のあるチウラム剤を塗布又は散布後の雨水による剥脱を防ぐ樹脂が含有しており、忌避効果の持続期間が永いことを特長としております。
使用が簡単で残効性が比較的永いこと。
使用上の注意事項
食害を受けやすい樹幹部全体に、はけなどで塗布又は、噴口の大きい目の噴霧器で均一に散布する。
森林苗木等の植付時の野ウサギの食害防止には、本剤の10倍液に苗木を瞬間浸漬処理後風乾して植付けると比較的簡単に処理できます。(参考)
散布の場合は、濃度が濃いため噴口がつまりやすいので、(噴口の大きい目)を使い、散布液をよくかき混ぜ、散布むらのないよう十分散布する。
処理した薬液が凍結すると固着性が悪くなるので、秋から初冬の、凍結の恐れがない時に使用する。
降雪地帯では、根雪になる前に処理する。
処理後12時間は降雨がないことを見越して処理する。
人畜の影響及び解毒方法
取り扱いには十分注意すること。本剤使用中に身体に異常を感じた場合、又は誤って飲み込んだ場合には吐き出させ、直ちに医師の手当てを受けさせること。
本剤は眼に対して強い刺激性があるので、薬剤が眼に入らないように注意すること。
本剤は皮膚に対して刺激性があるので、皮膚に付着しないよう注意すること。
付着した場合には直ちに石鹸でよく洗い落とすこと。
使用の際は保護眼鏡、防護マスク、手袋、不浸透性防除衣などを着用すること。
かぶれやすい体質の人は取り扱いに十分注意すること。
本剤で処理した種子は食料や動物飼料として用いないこと。
水産動物の注意
本剤は水産動物に強い影響を及ぼすので、河川、湖沼、海域及び養殖池に本剤が飛散・流入する恐れのある場所では使用しないこと。
散布器具・容器の洗浄水及び残りの薬液は、河川等に流さず、周囲に影響のない地点を選定して、土壌表面に散布する等の処理を行い、容器、空き袋等は水産動物に影響を与えないよう適切に処理すること。
適用範囲及び使用方法
作物名 適用害獣名 希釈倍数 使用方法
りんご、桑、すぎ、ひのき、
あかまつ、からまつ
野そ、野うさぎ 10倍 樹幹部に散布又は塗布
△TOP