米澤化学株式会社

ヨネポン

水稲・ばれいしょ やまのいもの種子消毒剤 野菜の病害防除剤

100ml

A/100ml

500ml

B/500ml

登録農林水産省登録番号 第12956号
有効成分ノニルフェノールスルホン酸銅:30%
性状黒褐色可乳化油状液体
毒性普通物
魚毒性B類
危険物第4類第二石油類
有効年限5年
包装A/100ml入×60本
B/500ml入×20本
基本情報 適用表 使用方法
チラシ(PDF) サポート情報 SDS

基本情報

特徴

使用上の注意事項

  1. 種子消毒は、浸種前に行なってください。
  2. 本剤は界面活性系に付き、催芽機の水を循環中、泡立ちを起こす可能性があります。その際は、農薬用消泡剤を使用する事で簡単に消泡することが出来ます。
  3. 発芽不揃い等の薬害を生じるおそれがあるので消毒した種籾は乾燥せずに浸種してください。
  4. 浸種処理の場合、籾と処理薬液の容量比は1:1以上とし、種籾はサラン網など粗目の袋を用い、薬液処理時によくゆすってください。
  5. 吹付処理の場合は種子消毒機を使用し、種籾に均一に付着させて乾燥してください。
  6. 本剤の処理を行なった種籾を浸種する場合は、次の事項を守ってください。
    1)浴比は1:2とし、停滞水中で浸種してください。
    2)水の交換は原則として行わないでください。但し、水温が高い場合など酸素不足になるおそれがある時は、静かに換水してください。
    3)河川・湖沼・ため池などでは浸種しないでください。
  7. 発芽障害が生じるおそれがあるので、以下の項目にご注意ください。
    1)薬液浸漬時間が所定時間以上に長くなること
    2)薬液浸漬時および浸種時の液温が高くなること。
  8. 本剤の処理により、初期生育遅延を認めることがありますが、その後回復するので通常の管理を維持してください。
  9. 本剤による消毒種子を播種する際、育苗床土は必ず土壌消毒を行ってください。
  10. 本剤の使用に当たっては使用量、使用時間、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特にはじめて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。

安全使用上の注意事

水産動植物に対する注意事項

     

貯蔵上の注意事項

 

火気をさけ、直射日光が当らない低温な場所に密栓して保管してください。

ヨネポン 適用表

農薬登録適用拡大取得年月日:平成25年12月18日

作物名適用病害虫名希釈倍数使用液量使用時期本剤の使用回数使用方法ノニルフェノール
スルホン酸銅
を含む農薬の総使用回数
もみ枯細菌病20倍 - 浸種前1回10分間浸漬1回
褐条病
苗立枯細菌病
20倍~30倍
ばか苗病
いもち病
ごま葉枯病
20倍
もみ枯細菌病50倍~200倍24時間浸漬
褐条病
苗立枯細菌病
100倍
ばか苗病
いもち病
50倍
ごま葉枯病50倍~100倍
もみ枯細菌病
褐条病
ばか苗病
苗立枯細菌病
7.5倍乾燥種籾
1㎏当り
30~60mL
種子吹き付け処理
(種子消毒機使用)
いもち病
ごま葉枯病
乾燥種籾
1㎏当り
60mL
ばれいしょそうか病50~100倍 - 植付前1回10秒間
種いも浸漬
5回以内
(種いもへの処理は
1回以内
散布は4回以内)
25倍種いも
1kg当り
15~30倍
種いも
吹き付け処理
やまのいも青かび病50倍 - 瞬間~10分間
種いも浸漬
1回
メロンうどんこ病
べと病
500倍100~300L/10a収穫7日前まで4回以内散布4回以内
きゅうり斑点細菌病500~800倍収穫前日まで
ズッキーニべと病500倍
パセリうどんこ病
斑点病
軟腐病
アブラムシ類
700倍収穫14日前まで3回以内3回以内
こんにゃく腐敗病
葉枯病
500倍収穫30日前まで7回以内7回以内
枝軟腐病100~200L/10a収穫直後5回以内5回以内
縮葉細菌病 -
ぶどう晩腐病
黒とう病
100倍200~700L/10a萌芽前1回3回以内
(萌芽前は1回以内
萌芽後は2回以内)
ばらうどんこ病500倍100~300L/10a - 6回以内6回以内

使用方法

散布処理の場合

本剤希釈倍数液を病害発生時期に5~7日間隔で十分量散布してください。

水稲種子消毒の場合

水稲種子消毒の場合
他の製品一覧
ページのトップへ戻る