米澤化学株式会社

キヒゲンR-2フロアブル

水稲・麦類・豆類・とうもろこし・雑穀類などの播種時の鳥害忌避・病害虫防除剤

50ml

A/50ml

200ml

B/200ml

1L

C/1L

登録農林水産省登録番号 第20604号
有効成分チラウム 40%
性状赤色水和性粘稠懸濁液体
毒性普通物
魚毒性C類
危険物該当しない
有効年限3年
包装 A 50ml×10袋×6箱入(50mlで乾燥種子重量2.5㎏の処理が可能)
B 200ml×30袋入 (200mlで乾燥種子重量10㎏の処理が可能)
C 1L×12袋入 (1Lで乾燥種子重量50㎏の処理が可能)
基本情報 適用表 使用方法
チラシ(PDF) サポート情報 SDS

基本情報

特徴

使用上の注意事項

  1. 使用量に合わせ秤量し、使い切ってください。
  2. 本剤を使用する場合は、粘度が高いため容器をよく振ってから取り出し、適当な容器内で種子をかき混ぜながら薬液を滴下するなどして種子に均一に薬液を付着させてください。又、種子塗沫量は薬効 に影響するので、必ず乾燥種子1㎏に対して本剤20ml塗沫を厳守して下さい。
  3. 本剤の使用に当たっては、使用量・使用時期・使用方法など誤らないように注意し、特にはじめて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
  4. 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
  5. 稲に使用する場合、発芽遅延及び初期の生育抑制を生じることがありますが、その後進展するにつれ通常のものと生育差がなく回復するので、通常の管理を維持してください。
  6. 処理に利用した容器・機械は、付着物の乾燥後の洗浄は落ちにくくなるので直ちに水洗して下さい。

安全使用上の注意事項

  1. 取扱いには十分注意してください。誤って飲み込んだ場合には吐き出し直ちに医師の手当を受けてください。本剤使用中に身体に異常を感じた場合には直ちに医師の手当を受けてください。
  2. 本剤は眼に対して刺激性があるので、薬剤使用時には保護眼鏡を着用して薬剤が眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに十分に水洗いし眼科医の手当を受けてください。
  3. 本剤は皮膚に対して刺激性があるので皮膚に付着しないよう注意してください。付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落としてください。
  4. 使用の際は保護眼鏡、農薬用マスク、不浸透性手袋、不浸透性防除衣等を着用してください。作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼、 うがいをするとともに衣服を交換してください。
  5. 作業時に着用していた衣服等は他のものとは分けて洗濯してください。
  6. かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意してください。
  7. 本剤で処理した種子は食料や動物飼料として用いないでください。
  8. 本剤処理種子については、子供などが誤食しないよう十分注意してください。
  9. 誤飲等をさけるために、小児の手の届かない冷暗所に保管してください。

水産動植物に対する注意事項

  1. 水産動稙物(魚類・甲殻類、藻類)に影響を及ぼす恐れがあるので、河川、湖沼、及び海域などに飛散、流入し ないよう注意して使用してください。養殖池周辺での使用は避けてください。使用残液及び容器の洗浄水等は河川等に流さず適切に処理してください。

貯蔵上の注意事項

  1. 直射日光を避け、40℃以上の場所で製品を保管すると成分が凝集凝固沈殿することがあるので冷暗所に保管してください。
  2. 子供の手に触れない場所に密栓して保管してください。
  3. 寒冷地域での本剤保存温度は、-10℃以上で保管して下さい。もし凍結させたと思われる場合は、使用時容器を上下に振ったり揉むなどして、均一にして使用して下さい。解凍後の使用には何ら影響はありません。

キヒゲンR-2フロアブルの適用表

農薬登録適用拡大取得年月日:平成21年6月10日

種子消毒鳥害効果

作物名適用病害虫名適用害獣名使用量使用時期本剤の使用回数使用方法チウラムを含む
農薬の使用回数
いもち病
ばか苗病
ごま葉枯病
苗立枯病(ピシウム菌)
スズメ
ハト
キジバト
カラス
カワラヒワ
乾燥種子
原液20ml/kg
播種前1回塗沫処理1回
大麦網斑病
斑葉病
ハト
キジ
スズメ
小麦なまぐさ黒穂病
紅色雪腐病
ヤギシロトビムシ
麦類-
だいず苗立枯病
紫斑病
ハト
カラス
タネバエ
えだまめ苗立枯病
紫斑病
タネバエ
あずき苗立枯病
炭疽病
褐斑病
タネバエ
いんげんまめ苗立枯病
炭疽病
ハト
カラス
キジバト
タネバエ
えんどうまめ-
未成熟豆類
(但しえだまめを除く)
苗立枯病-
タネバエ
種実豆類
(但しだいず・あずき・いんげんまめを除く)
苗立枯病
タネバエ
未成熟豆類-ハト
カラス
種実豆類
(但しいんげんまめ・えんどうまめを除く)
ひまわり苗立枯病カラス
ムクドリ
ハト
とうもろこしカラス
キジ
ハト
キジバト
ムクドリ
スズメ
2回以内
飼料用とうもろこし
雑穀類
(とうもろこしを除く)
-1回
ソルガム-2回以内

使用方法

種子塗抹の場合

  1. 本剤の処理量は、いずれの作物種子に対しても、乾燥種子重量1㎏当たり20ml塗沫処理です。
  2. 予め種子をポリ袋(肥料袋等)に入れた後、本剤を所定量入れて、袋を膨らませた状態で口を閉じ、上下左右に十分振る方法。
  3. ポリ容器・桶等に種子を入れ、不浸透性手袋をした手又は棒で種子を混ぜながら、本剤所定量を徐々に加えてかき混ぜる方法。
  4. 種子粉衣機(コーティング機)に予め種子を入れ、回転しながら本剤所定量を徐々に加えて塗抹処理する方法。
    万一回転させながら本剤を加えられない場合は、本剤を加えた後速やかに機械を回転させ、均一に塗抹処理が出来るまで回転させてください。
他の製品一覧
ページのトップへ戻る